リピーター率とリピート率の違いとは?(女性起業家ブログ)

こんにちは。女性の起業支援をしている辻朋子です。

 

今回は「リピーター率」と「リピート率」の違いについてお話をしますね

 

この2つについてはけっこう混同している人が多いのでこの機会にぜひ覚えてくださいね。

 

まずは「リピーター率」とは?

 

今月買ってくれたお客様のうちリピーターさんはどのくらいの割合いるのかを示すものがリピーター率です。

 

例えば、こんな風に計算をします。

 

12月のお客様の数が100人で、そのうち20人がご新規さん、80人がリピーターさんだった場合。

 

「12月のリピーター率は80%」ということになります。

 

(80人÷100人×100=80%)

 

一方「リピート率」とは?

 

これまでに一度でも商品サービスを購入してくれたお客様のうち、何%のお客様が今月も購入してくれたのかを示すものがリピート率です。

 

例えば、こんな感じで計算をしますよ。

 

お店をオープンしてからの新規のお客様の累計が1000人だったとします。

 

そして12月はリピーターさんが80人の場合「12月のリピート率は8%」ということです。

 

(80人÷1000人×100=8%)

 

「リピーター率」と「リピート率」はとかく混同してしまいがちです。

 

ぜひこの機会に違いを知っておいてくださいね。

 

そしてぜひあなたのビジネスにリンクさせて計算してみることをおすすめします。

 

この2つの数字は、サロン経営はもちろんのこと物品販売業や先生業など、
さまざまな業種で活用できますよ。

 

ちなみに「リピーター率」「リピート率」が低い場合は、リピートしてくれていないということですからお客様の満足度が低いことを表します。

 

なのでそういう場合は、商品サービスの「質」を見直すことが必要ですね

 

それとかリピート集客の仕組みができていなかったり、手薄の場合にも
「リピーター率」「リピート率」は低く出ます。

 

起業してお金も自由も手に入れながらビジネスを10年20年続けていくためにはこういう数字的な指標や目安を経営に取り入れることが大事です。

 

ビジネスは数字を味方につけるとうまくいきやすくなります!

 

ぜひ覚えておいてくださいね。

 



起業して自分らしく自由に働いて賢く稼ぎたいあなたへ

辻朋子の無料メールマガジン

女性起業でビジネスがうまくいく人・いかない人

女性起業を成功させるために知っておいていただきたいマインドやノウハウをお伝えしています!