今さら聞けない!創業と設立の違いとは?



こんにちは。女性経営コンサルタントの辻朋子です。

「創立」と「設立」という言葉はとてもよく似ています。

 

そのため起業相談を受けていると、違いについて質問をされることがときどきあります。

 

会社員であれば知らなくてもいいかもしれませんが、起業するのであればきちんと理解しておいた方がいいですね。

 

そこで今回は「創立」と「設立」の違いについてお話します。

創業とは?

 

事業を始めることをいいます。

 

例えば、会社を退職してビジネスを始めた場合は「創業した」ということになるのです。

 

またビジネスを始めるにあたっては、個人事業主でスタートするケースもあれば、会社を設立して会社でスタートするケースもありますが、どちらの場合も「創業した」ということになります。

 

設立とは?

 

株式会社などの法人をつくることをいいます。

 

法人をつくる際は、法務局への登記が必要になります。

 

登記を行ったうえで会社組織を立ち上げることを「設立」というのです。

 

「創業」と「設立」の違いを実例から理解する

 

ここで創業100年を迎えた有名な会社をご紹介します。

 

・シチズン時計株式会社 創業100年

・パナソニック株式会社 創業100年

 

では「創業日」と「設立日」を見てみましょう。

 

・シチズン時計株式会社 創業日1918年 設立日1935年

・パナソニック株式会社 創業日1918年 設立日1930年

 

このようにしてみると、同じ「創業100年」でも、設立日に違いがあることがわかります。

 

もちろん2社ともに創業100年ですから、創業日は同じです。

 

そして2社ともに設立日以前に創業しています。

 

つまり事業を始めてから(創業してから)数年後に、法人登記をして会社を設立したということです。

 

まとめ

 

今回はお話した「創業」と「設立」の違いを一言であらわすと、事業を開始したときなのか、それとも会社組織を新たに立ち上げたときなのかの違いです。

 

・創業:事業を始めたとき

・設立:法人登記をしたとき、会社を立ち上げたとき

 

この2つの言葉は、ビジネスをするうえで目にする機会がありますが、正しく理解していないと恥をかくことがあります。

 

例えば「創業〇周年」や「設立〇周年」などの祝電やお祝いを送る際に、言葉を誤って使ってしまうと恥をかくだけでなく、その後の取引に影響することもあり得るのです。

 

ぜひこの機会に「創業」と「設立」の言葉の意味と違いを理解して、正しく使い分けられるようにしましょう。

 

 

 

 

 

起業して自分らしく自由に働いて賢く稼ぎたいあなたへ

辻朋子の無料メールマガジン

女性起業でビジネスがうまくいく人・いかない人

女性起業を成功させるために知っておいていただきたいマインドやノウハウをお伝えしています!