起業するのにお金はかけたくない。でもお金は欲しい。は通用しません。 

起業初心者のための先生ビジネスの始め方セミナーを銀座




こんにちは。起業セミナーと起業相談で女性の起業支援をしている辻朋子です。

 

2020年1月の起業に向けて準備をしているコンサルメンバーさんからこのようなご相談をいただきました。

 

「固定電話は用意した方がいいですか?」

 

こういうご相談ってけっこう多いです。

 

ブログにプロフィール写真を載せた方がいいですか?とか、ホームページは作った方がいいですか?とか。

 

そんなとき私は必ずこう言いますよ。

 

「いいか悪いかは私が決めることではなく、お客様が決めることですね」と。

 

そしてさらに…

 

もしもあなたがお客様だったら、固定電話を備えている人と備えていない人がいた場合に、どちらが安心できますか?

 

ブログにプロフィール写真を公開している人としていない人がいた場合に、どちらの言っていることに耳を傾けますか?

 

ホームページを持っている人と持っていない人がいた場合に、どちらの人の商品サービスに価値を感じますか?

 

すると必ずこのような返事が返ってきますよ。

 

固定電話を備えている人の方が、プロフィール写真を公開している人の方が、ホームページを持っている人の方が信用できる、と。

 

なので私は「そうですよね。迷う必要はありませんよね」と言うのです。

 

ちなみに「〇〇した方がいいですか?」という言葉の背景には「できるだけお金は使いたくない」「〇〇しなくていいのなら、したくない」という気持ちが含まれています。

 

しかしビジネスにおいてそのマインドはNGです。

 

なぜならビジネスはお金を使ってはじめてリターンを得る資格を手にすることができるからです。

 

もちろんあくまでも資格ですけどね。

 

起業や独立開業をするときには、ビジネスをするための環境を作ります。

 

私はそれを「インフラ」とよんでいるのですが。

 

どんなインフラをつくるかによって、お客様から得られる信用度は全く変わってきます。

 

だから起業をするのにできるだけお金をかけたくないと思ったとしても信用を得るために必要なものにはお金をかけるようにしましょうね。

 

そうじゃないと本来成功するビジネスが成功しなくなってしまいますので。

 

ぜひ参考にしてくださいね。

 

起業家、経営者に必要な考え方はここでもお話しています

起業して生計を立てていけるぐらいの収入を得たいあなたへ

辻朋子の無料メールマガジン

女性起業家のためのまなび塾

「売れる仕組み」と「儲かる仕組み」をつくるために必要な考え方やノウハウをお伝えしています!