開業届を出し忘れてしまった場合の対処法とは?





こんにちは。女性経営コンサルタントの辻朋子です。

 

個人事業を始めるときの手続きとして、税務署に提出する「個人事業の開業・廃業等届出書」通称「開業届」についてよくあるご相談と注意点をご紹介します。

開業届の提出期限が過ぎてしまった場合はどうなるの?

 

開業届は、開業日(事業をスタートした日)から1ヶ月以内に提出することがルールです。

 

しかし、提出することを知らなかったり、ビジネスの立ち上げでバタバタしてしまって気が付いたら期限が過ぎてしまった、という方がたまにいらっしゃいますね。

 

そして中には、税務署から呼び出されてしまうのではないか?とか、罰金がかかるのではないか?とか、何かペナルティがつくのではないか?税金をたくさん払わなければならないのてはないか?などと不安を抱えている人も…。

 

大丈夫!安心してください。

 

開業届の提出期限が過ぎていても、これといってペナルティや罰金などが発生するわけではありませんのでね。

 

とはいっても、ルールであることは間違いないので、もしも期限が過ぎているのであれば早急に作成して提出しましょう。

 

開業届の提出よりも重要なこととは?

 

開業届を開業日から1ヶ月以内に提出すること以上に重要なことがあります。

 

それは「確定申告」です。

 

確定申告は、本来申告しなければならないにもかかわらずしなかった場合は罰金等のペナルティがつく場合があります。

 

また開業届を出したからといって、確定申告義務が生じるわけではありません。

 

つまり、開業届の提出の有無と、確定申告の必要の有無は別の話です。

 

まとめ

 

起業するとさまざまなルールがあります。

 

そして、開業届をはじめとした手続きがいくつもあります。

 

これからぜひ正しい知識を身につけていきましょうね。

 

そしてルールはきちんと守ることをおすすめします。

 

なぜならルール違反は、ビジネス存続に必ず影響するからです。

 

開業届についてはこちらでもご紹介しています

 

 

 

 

起業して生計を立てていけるぐらいの収入を得たいあなたへ

辻朋子の無料メールマガジン

女性起業家のためのまなび塾

「売れる仕組み」と「儲かる仕組み」をつくるために必要な考え方やノウハウをお伝えしています!